unico☆chronicle

unicoblog.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:● 友達( 6 )

K君ちへ/博多通りもん

先日、K君のおうちにお邪魔させてもらいました。

福岡から来た友と一緒に、みんなで改めてK君にご挨拶。

K君と奥さんの思いがたくさん詰まった場所。
K君の乗っていた大きなバイク3台。
なんだかまた胸の痛みが大きくぶり返してしまった。

私にはなにもできないけれど、どうかK君の周りにいた人達が
悲しみを乗り越え、笑顔で強く日々を送って欲しいなと
願うばかりです。

****

みんなと久々に集まって、みんなの子供達も元気いっぱい成長していて
すごく嬉しかったし癒された。

子供は本当にみんな天使だね。
あの純粋でまっすぐなところが大好き。


そういえば、友達からお土産で「博多通りもん」をいただいた!ミエちんサンキュー!
c0201112_14565599.jpg
わーいわーいと喜んで帰ると
夫が職場の人からお土産をいただいて帰ってきた。

なんと「博多通りもん」だった!

Oh〜。シンクロニシティー♪
[PR]
by unicorn_unico | 2016-04-02 14:57 | ● 友達 | Comments(0)

K君、また会おうね!

先日、大学時代の友達から夜突然電話があった。(1/25)

普段はメールでやりとりすることが多いので「?!?」。


いつもの友の声。
「まっちゃん、ちょっと覚悟して聞いてね。」


大学時代の友人K君の奥さんから電話があり、
K君が病気で入院しているんだけど、みんなに会いたがっているから
もし来れるなら来てほしいという内容とのこと。


「え…? なに?それって…。悪いって事かな…」

友が気丈に事情を伝えてくれた。
私は電話口だと特に涙もろい傾向があるんだけど、ぐっと我慢。

電話を切ると同時に号泣。


とりあえず、迷惑にならないようにみんなで集まってお見舞いへいこう、
その電話が月曜日だったので、次の日曜日に行ける人は行こうという話になった。

私は日曜日にちょうど法事が静岡であるため行けそうにないかもという状態。
でも、少しでも早めに切り上げ、行けるなら行こうと思っていた。
はっきり言って、この時点ではまだそんなに切迫した状況ではないと思っていた。



その電話の翌日お昼。(1/26)
「そういえば、みんなとLINEでグループ作ってないな」と思い、
電話をくれた友に自分のLINE IDを送って登録よろ~とメール。


近所で夕飯用に買い物して帰宅してみると
LINEで大学グループを作ってくれた友から
「ちょうどさっき、K君の容態が悪化して日曜日までもつかわからないという連絡があったので、私は今から仕事切り上げて病院に行こうと思います!」とのメッセージ。


え!!「日曜日までもつかわからない」って?嘘でしょ。
間に合わないって…。

私も行く!病院どこ!


T病院。


K君はずっと横浜っこだったから横浜の病院だと思っていた。
T病院…、東京か…。
うん!行ける!!!行けるぞー。


夫に今から病院に行く旨を泣きながら連絡。
「今日もみんなに会いたいって言ってくれてるって…」
夫に落ち着いて行動するよう注意を受けつつも、あたふたしながら30分で仕度して急いで出発!!


会うと決めたからには、K君やご家族の前で絶対泣かない。
気合いだ!気合い!
電車の中で深呼吸。

面会は短くなりそうだったので、K君となに話そうかなとシミュレーションもしてた。


その日は平日の14時に急に呼び掛けて、
17時という時間に虎ノ門駅に5人も集まれた。
本当にたまたま営業先で虎ノ門駅にいた友と、たまたま虎ノ門駅近くで研修中だった友、
もう一人も電車ですぐのところに勤めているのでみんなお仕事を少し抜けてこれたみたい。
こんな偶然は本当にすごいと思った。


「ある」 あるよね、こういうこと。
絶対K君パワーだ。


先に待ち合わせしていた友とお花を買って少しお茶。
あんまりしっかり話し込むと二人とも泣き出しそう。
友の「あーぁ、またいつかみんなで旅行したいなって思ってたんだよね」
の言葉で一瞬崩壊しかけるも、すぐに少し話を違う方に向けて二人で気合いで乗り切る。



17時。お見舞い用入口に集合。
みんなすごく久しぶり(2年ぶりくらい?)なのに、
なんとなくみんな「よぉ!」だけで会話なく病室まで行った。

まぁ、みんな学生時代となにも変わらず、
つい最近も会ってたような気がするのでそんな感じなだけかもしれないけどね。

それか、本当に急な事態すぎると、頭真っ白になる…そんな感じかな。



奥様に出迎えてもらい、みんなでK君のお部屋にお邪魔させてもらう。
午後に少し強めの薬を入れたので眠ってしまっていたK君。

看護師さんに「きっと聞こえているはずですよ」と言ってもらったので
みんなで声をかける。
奥さん「自分がいなくなってからみんなに知らせるなんて失礼なことは出来ないから、
みんなに会いたいと言っていて、望みを叶えてあげたいと思って…。」


その日の午前中までは話も出来ていたとのこと。
前日には一緒にDVD鑑賞もしていたらしい。
急に体力が落ちてしまったタイミングでのお見舞いとなってしまったようでした。


・・・・・・・・・・・・・・・・


学生時代の彼は、私にとって「癒し系」って感じで、いつも笑顔でナチュラルで、
のほほんとしたタイプなのに、さらっと
「こないだ休みにカナダに一人でボード持ってスノボーしに行ってた。」
とか言って、かなり行動派な人だった。
私は「はあ?一人で?K君ってすごいんだね!」なんて関心してました。
その他にも趣味をたくさん持っていて、すごく活動的だったんだね〜。


みんなで日本中をレンタカーやら実家の車で旅行しまくった時も
K君はパパの高級そうな車を出してくれたり、
てっちんと二大運転手としてさらっと活躍してくれた。

車の中では、みんな各自で好きな音楽のカセット(!!)を作って交代でかけるんだけど、
私が当時、アンダーワールドを入れてたら「あ!アンダーワールドじゃん。」って反応してくれて嬉しかったな。



奥様と付き合い出したのも確か大学時代で、付き合い始めた頃も覚えてる。
大学の中庭の辺りで急に「そういえば彼女できた。もう、すごい可愛いの!」って言って幸せそうだった。
その後も帰り道で二人になった時とか、なにかにつけて彼女の話にもってく感じで、
彼女がこんなものくれたとか、彼女の素晴らしさを嬉しそうに話してたなぁ。
本当に大好きなんだなー。と私も聞いてて幸せだったよ。
無邪気で子供みたいに純粋でかわいいK君。


たまに集まる時も彼女を連れてきてくれて、私達も何度か会っていた。

優しくて可愛くて、二人ともお互いを思いやり合っているのがわかるニコニコ仲良しカップル。


そんな二人も何年後かに結婚して、みんなで結婚式に呼んでもらった。
長い付き合いだったし、本当に良かったね!という気持ちになれる素敵な結婚式だった。

それから数年、K君が土日休みのお仕事でなかったため、
みんなとの集まりでもなかなか会えなくなっていた。

みんなに子供ができていく中、うちとK君ちだけそういう報告がなかった。
でも、年賀状でもずっと住所も変わらず、相変わらずのほほんな内容の年賀状をくれたりで(彼は、男性には珍しく年賀状ではいつも2行以上の一言を添えてくれていた。本当に気遣いできる人。)元気にやっているんだなと思っていた。
最近はずっとお互い喪中はがき続きで年賀状のやりとりがなかったんだよね。


会えていなくたって、いざなにかあればいつでも集まれるし、
いつでも話せるものだと思いこんでいたよ。
でも、久々に会えると思ったら、このような再会になってしまった。


でも、病院へ行くと輝く光があった。
なんという事でしょう!


K君に似た赤ちゃんがいるではないですか!
いつの間に!!!


まだ6ヶ月。。全然知らなかった…。

K君のことだから「知らせなかった」んだと思う。
色々と考えはあったんだろうな。



K君が体に不調を感じてからその日までの様子は、
奥さんとお母様がお見舞いの時にお話してくださいました。
彼の病気は8割は治ると言われているものだった。
でも、その2割の方になってしまったと…。
病気発覚からたった1年ちょっと…。


どうして。。どうしてあのK君にそんな試練が、、、。
なぜK君なの?
もうわけがわからない。


正直に言うと、一度話がしたかった、目を合わせて笑顔を交わすだけでもしたかった。


でもそれは私の単純なワガママ。
彼はみんなに報告する事を選ばなかったし、闘うことに集中していたんだよね。
それに本当に気を遣う優しい人だったので、
お母様も言っていたけど、一度も弱音を吐かなかったし、涙も見せなかったと。
治療途中、敢えて、ご両親や奥様(妊娠中だった事もあり)にも病院に来るなと言っていた期間もあったらしい。


色んな病院や医師を自分で調べて、たくさん動いて実行していたみたい。
T病院もその治療では有名な医師がいるので本人が選んだそう。
奥様と生まれてくる子供のために本当に頑張ったんだね。
治療、手術、長期間の入院、どれだけ大変だったか…。
それでも、病室ではみんなや看護師さんにも気を遣っていたって。
本当に優しくて強い人だったんだな。

だから会って話がしたかったなんていうのは私の単なるワガママなのだ。




お見舞いに行った翌日、彼が旅立った報告を受けました。(27)


実感がなかった。

昨日触れたK君の手は温かかった。


でも、翌日、葬儀の案内状に書かれた彼の名前を見て現実なんだと…。
39歳。
喪主に奥様の名前…。

こんなのって…。
なんで…。
やだやだやだやだ!!!!


お通夜と告別式に参列させてもらいましたが、
正直、こんなに悲しいことってないよ…。
ご家族の思い…、本当に胸が痛かった。


でも、笑顔で見送ってあげてほしいという奥様の言う通りにしたい。


お母様と奥様から聞いたこの1年間のこと、
奥様と生まれる子供のために最期まで生きようと頑張った姿
本当に立派だと思う。
あんなに優しい笑顔のK君は、男の中の男だった。


無邪気に笑っていたK君ベビー。
K君が繋いで残した明るい命。
お父さんは君のために精一杯頑張ったよ!
どうか明るく優しくたくましく成長してママとおじいちゃんおばあちゃんを支えてね。
影ながら応援しているよ。


そして、私ももっとしっかり一日一日を生きなきゃと彼の姿を見て思った。
「この無駄に過ごした今日1日は、誰かが生きたかった1日かもしれない」
みたいな言葉をいつかどこかで見たことがあるけれど、
まさにK君がきっと生きたかったであろう一日なのだ。


それと、一番最初夜に友から連絡を受けた後、K君へ応援メールをしようと
メッセージを作り後は送信ボタンを押すだけだったのに躊躇してしまった。
色々余計な心配が浮かんでしまったから。
その後すぐにお見舞いに駆けつける話になったし、送らないで良かったと思っていたけれど、夕方には意志疎通ができなかった。
午前中ならもしかしたら伝わるチャンスがあったかも。
もっと素直に送信ボタンを押せば良かった。
もうこんな後悔はしたくない。

本当に改めて思ったよ。1日を大切に、後悔なく素直に生きていきたいと!




K君、正直言うと、本当に寂しいよ。

でも、K君が望まないであろうから出来るだけ落ち込まない。

K君、出会ってくれて本当にありがとう。

K君のあの笑顔が大好きだよ!ずっと忘れない。

一旦さようならだけど、また会おうね!


これからもずっとずーっと奥様とベビー君の事、そばで見守っていてあげてね。

c0201112_1481927.jpg

[PR]
by unicorn_unico | 2016-02-01 23:11 | ● 友達 | Comments(4)

集合

友達2人の出産祝いを兼ねて、久々にみんなと集合した。

大人はもう大した成長しないわけだけど、
子供の成長は目に見えてわかるので本当にびっくりする〜。

私たち大人は中学の時からなんら変わってない気もしてしまうんだけど
気づけばアラフォー。
なんてこったい!!


子供達はみんな元気で子供6人集まるとカオスだった。
でもこういうふうに同年代の子供同士で遊べてるのは本当に楽しいと思うなぁ。
大人も大人で話できたりするしね〜。

みんな小・中学校、幼稚園からも知ってる友達ばかりなので、
みんなの子供がみんなの小さい頃と重なって感慨深い。

c0201112_13351214.jpg
↑この二人の
↓4年前。偶然似たような状況の写真が撮れた。
c0201112_2151523.jpg
大きくなったね〜〜♪



コストコでご飯買ってったー。
みんなで集合する時には便利でいいかもー。

c0201112_13391687.jpgc0201112_13393238.jpgc0201112_13391234.jpgc0201112_13392596.jpgc0201112_13393980.jpg
↑8等分してもこれ。でかい!

楽しかった〜。
[PR]
by unicorn_unico | 2014-05-25 13:43 | ● 友達 | Comments(0)

江ノ島水族館/また会おうね!

江ノ島水族館行ってきたー!

確か新江ノ島になってから2回目。
最後に行ったのは、みなぞう君がいた頃だったよ。
みなぞう君はスーパーキャラクターだったよね。

c0201112_21302845.jpg

本日は、大人5人+子供4人で!

久々に会ったから子供の成長の早さには本当に驚かされるよ!

しかも、可愛すぎるんだよー。
c0201112_21322463.jpg

亀さんとご挨拶。
c0201112_2132676.jpg

もーみんなかわいいんだ!
c0201112_21354446.jpg
↑このリュックの中には図鑑や絵本が入っているのだ!かわいい!!
「学生時代からの友達の子供」というのは格別に可愛いよね。
(あ、勝手に後ろ姿だからいいかなと思って写真載せちゃった。問題だったら言ってね!)


それにしても日曜日はやっぱり混んでいるんだね〜。
c0201112_21382723.jpg
小学生の頃に雨の日ここに来て、ショーを見ている人が10人いなかったこともあったな。
ステージに上がってイルカと握手したり出来る企画が当時あって、
そのチャンスをこの少人数の中で逃すまいと、
係のお姉さんたちに色々目立つようにバカみたいにアピールしてたんだけど、
ステージに上がるショーは雨なので中止だったという思い出が…。




イルカのジャンピングー!
c0201112_21382399.jpgc0201112_21472176.jpgc0201112_2147164.jpg


江ノ水はクラゲに力をいれているのかな?
c0201112_21481476.jpg

知り合いは、このグラスクラゲ達がかわいそうだと言っていた。
確かに「・・・」という感じの微妙な展示だと思う…。
c0201112_21483117.jpg


あ、そうだ。富士山見えた!
c0201112_2252473.jpg

帰り際、風がすごかった。
江ノ島っていつもこんな感じなのかな?
おかげで最後にみんなで撮った写真は、みんな強風と夕焼けの眩しさに耐えているような
微妙な写真になっちゃったよ。
ま、それもまた楽しい思い出。

c0201112_21552297.jpg

で、最後に、
今日は愛しのmちんが引っ越す前に会える最後の日だった。
今までも近くに住んでいたわけではないし、これでトワのお別れになるわけでもないんだけど、
mちゃんが関東からいなくなるなんて、ほんっとーーーに寂しい!!
今日も合間合間に話ししながら実は何度か涙がちょちょぎれそうになったよ。
我慢した!飲んでたら確実に泣いてたね。

新天地での生活もきっとmちゃん一家なら明るく元気で楽しそう。
逞しくなってたkちゃんとrくん、いつものキラキラ笑顔のmちゃんを今日見て感じたよ。

絶対いつか会いに行くね!元気でね!
写真も送るねー!


**********

そうそう。
今日地元の駅に着いたら改札で誰かが「まっちゃん!まっちゃん!」って後ろから叫んでたの。
私は今日会ったメンバーに「まっちゃん」と呼ばれているから、
今日のノリで「え!!」ってつい大胆に振り向きそうになっちゃったよ。
でも明らかにおっさんの声だったから振り向かなかったけど。
赤っ恥かきそうだったよ。
おっちゃん、「まっちゃん」ってこの世にたくさんいるからやめてちょ。
[PR]
by unicorn_unico | 2013-11-17 23:14 | ● 友達 | Comments(2)

子供がいるといいな〜

日曜日、友達のおうちに呼ばれてお昼をごちそうになった。

友達の子供とバドミントンをして遊んだ。
夫とその子がバドミントンをしているのを眺めながら、

「こういうのって子供でもいないとやらないもんねー。
 子供いると子供の頃の遊びが出来たり、教科書読んでもう一度勉強できたりそういうの楽しそう!
 やっぱり子供いるといいよね〜〜」と友達に話していたら

バドミントンしてた小5の子が、私の話をすかさず聞いていたようで

「子供がいると大変だよ。めんどうじゃん。」と速攻で返してきた!

それに対して私は「なんでよ!いーや!子供がいた方が絶対楽しい!」と返したけど。

「犬でいいじゃん!」とかまた返された。


もしや私を慰めてくれているのだろうか? いやいや、彼女の考えなんだろう。

そうなんだよね。子供の単純な考え方はホントに好きだよ。
子供いなくて、面倒じゃなくていいじゃん!
子供の代わりに犬でいいじゃん!
産めないなら産めないでいいじゃーーん!(これは言われてないよ)
ストレート!前向きー!いいねー!

ぶっちゃけ、私もそう思うよ。
だけどね、大人になるとニンともカンとも謎な欲が出るもんなんだよねー。あはは。

それにしても、「子供」である自分をどんな存在だと思ってるんだろう…。

生まれた時から知ってる子。
2歳位の頃は、なぜか私のことを「ちぇんちぇーー(先生)」と呼んでいた子。
元気で明るくて、人に気を遣えて優しい子。

いつの間にかこんな事を私に言うようになってたなんて!
私の周りにいる、私の事「おねーちゃん!」て慕ってくれたちびっ子達がどんどん大きくなってくよー!

そして私を「お姉ちゃん」と呼んでくれなくなって、○○さんとか呼ばれ出すんだろうか…。
あー最初から名前で呼んでもらえばよかったー。
[PR]
by unicorn_unico | 2013-05-14 00:14 | ● 友達 | Comments(0)

赤ちゃん

今日はお友達の赤ちゃんに会いに行ってきました。

地球に生まれておめでとう!
c0201112_2352645.jpg
赤ちゃんの瞳は本当に澄んでいて美しい。
まだ2ヶ月なのにとっても凛々しいお顔。

友人の1歳の子も、赤ちゃんが泣くとちゃんとよしよしってしてあげて、もうホント可愛い。
c0201112_2320674.jpg
子供はまだ人間じゃない気がする。
彼らは天使。

c0201112_2326130.jpg
↑うちの姪っ子。

子供に会える場が増えてきて、とても嬉しい。
彼らと遊んでいる時間は癒しです。

オマケ:お友達のご家族の皆様。
ワン子もお魚も癒しですね。

c0201112_23144268.jpgc0201112_2315465.jpg
[PR]
by unicorn_unico | 2010-01-16 23:58 | ● 友達 | Comments(0)