unico☆chronicle

unicoblog.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:● 音楽( 32 )

気持ちいー曲

4月。風が強いですね。

風が強すぎて、山登りもランニングもする気がなくなってしまうへたれ。
変わりにヘッドホンで爆音ミュージックを聴きながら部屋で筋トレだよ〜。

最近お気に入りの筋トレは両手にそれぞれ10kgのダンベルを持ってやる
ダンベルスクワット。
20回目に声が出る。「ぐわあっ!」って。
そしてたった20回で翌日全身筋肉痛だよ。
少ない回数・少しの時間での効いてる感がお気に入り。


またyoutubeのutitoyoさん動画経由でハマる曲に巡り会った〜。
こういうジャンルの曲ってたーくさんあるけど、
結局日本人が作ってたりアレンジしたバージョンを好んで聴いてしまう。
あああ心臓にぐっとくるー。


私は音楽で脳内麻薬の出る量が人より少し多い気がする。


音楽で得る快感・多幸感・恍惚感、結構すごいんだよね。
ほんっっと気持ちいいんだよ〜。みんなもそうなのかな〜?
ドライブしたいー。


[PR]
by unicorn_unico | 2018-04-09 16:44 | ● 音楽 | Comments(0)

スピッツ

音楽って歌詞メインで聴く人と、メロディメインで聴く人がいるんだって。

私は完全完璧にメロディメイン。

歌詞を聴いていない訳ではなく、歌詞も音として聴くから
歌詞もちゃんと覚えるんだけど、特に意味にまで本意気で思いを馳せてはいない感じかな。

歌詞でしか音楽を聴かないという人に実際会ったことがあるけれど
逆にすごいなと思ってる。

左脳人間なんだろうなって。
頭いいんだろうなって思っちゃう。

言葉メインで音楽を聞くと疲れないのかな?と単純に思ってしまう。

そういえば、メロディをも上回る強いメッセージ性のある歌詞の曲とかは少し苦手かもしれない。


でも、言葉のリズムとして好きっていう歌はたくさんある。
言葉も音で捉えている感じかな。
そういう意味で、好きな歌詞ってどの曲だろう?
と自問してみたら思いついたのは「スピッツ」だった。

高校〜大学生の頃はまっていたスピッツ。

スピッツは素敵な独特の歌詞が多すぎて挙げ切れない。

僕のペニスケースは人のとはちょっと違う けどそんなことはもう いいのさ〜〜』
で始まる歌とかすごくない?大好きだよ。

『ナナへの気持ち』好きなんだよね。
これも私は歌詞で聴いてるという感覚はなくて
淡々としたメロディと「その人が好き」って感情表現の歌詞が
すごく一体化している感じがして大好きなんだよね。

「日に焼けた強い腕 根元だけ黒い髪 幸せのかたちを変えた」
ってとこがなんだか大好きなんだよね〜〜〜。



草野マサムネさんの作るメロディと歌詞はかなり素敵だと思っています。

懐かしいな〜。『田舎の生活』とかいい曲だよね。
「オーロラになれなかった人のために」ってアルバムの中に入ってた。


「オーロラになれなかった人のために」ってアルバム大好きだったな。
洋梨を剥いてるぶれた写真のジャケットがたまらなく好きだった。
これは未だに私の中のNo1ジャケットかもしれない。
c0201112_22171956.jpg
「ナイフ」もこのアルバムの中だね。久しぶりに聴いたけどやっぱりいいね。


[PR]
by unicorn_unico | 2018-04-05 22:22 | ● 音楽 | Comments(0)

Perfume

Perfume いいよね。

多分一番ハマっていたのは10年前位。
フルマラソンの練習に励んでいた時に本当によく聞いていた。
Perfumeの曲を聴くとテンションが上がって私のランニング練習における最強のパワー音楽だった。

perfumeもすごいんだけど、中田ヤスタカさんが結局やっぱりすごいんだよね。


紅白で「Tokyo Girl」観てから、また最近Perfumeブームが来てます。
中田ヤスタカやっぱりすご!って。

新曲のこれもすごい。
日本人が好きな気持ちいい音作ってくれるね〜。


フルマラソン練習の時に「パーフェクトスター・パーフェクトスタイル」が ipodから流れると、
この曲の間だけキロ5:45ペースからキロ5:20ペースに上げられた(気がする/微妙)。

大好きだった〜。久々に聴いたけどやっぱりいい曲だよね!!


シークレットシークレットも懐かしいな〜。これも大好きだった。
こういう昔のPV見ると、みんな大人になったな〜って思うね。
みんな洗練されて綺麗になってるよね。
かしゆかさんだけ安定してる気もするけど。

「微かなカオリ」とか、男性なのにこんな胸キュン曲を作れる中田ヤスタカさんはすごいと思う。
私は、なんとなくPerfumeの曲は全て、私たち40前後年代が小学生だった80〜90年代に夢中になっていた
なにかしらのアニメの主題歌やエンディング曲的な雰囲気を持っているように思ってしまうんだよね。
アイドル。ぶりっこ声。エレクトロ音。ポップ。爽やかさ。これらって日本的なんだろうね。

音楽とこの踊れる3人のバランスの良さ。
そろそろ誰かメンバーが結婚とかするのかなぁ。
そしたらバランス崩れるんだろうな〜。

[PR]
by unicorn_unico | 2018-03-20 20:20 | ● 音楽 | Comments(0)

Yuri On Ice

冬季オリンピックはじまりましたね。
あんまり興味ないけど。

でもフィギュアは見てしまう。
ペアをたまたま見ていたら画面にクギヅケになってしまった。
木原・須崎ペア。

音楽も演技も素敵じゃあないですか。

これ→リンク

Yuri on ice というアニメの曲だとか?
うわーハマる曲現れた!
すんごい良い曲じゃん。


昨日からこの曲をipodに入れてランニングで聴きまくっているんだけど
この曲を聴きながら、田んぼ畦道のど真ん中で
天高く輝く太陽見上げたら涙が出そうになったよ。

なんてこの世は美しいんだ! って。


そして久々にピアノ引っ張り出して(棚化していた)弾きたくなったよ。
もともと全然弾けないけど。

練習してみた。
案の定全く弾けなかった。

2年ぶり位にピアノ弾いたら全然弾けなくなってた。

[PR]
by unicorn_unico | 2018-02-11 12:22 | ● 音楽 | Comments(0)

定期的に聴かずにはいられない曲

短期仕事終了まで約2週間。
最後まで気を抜かずにいこ。

気分が落ち着いている時に定期的に聴きたくなる曲。

大橋トリオのこの曲。
たまたま録画したライブ映像からとても好きになってしまった。

定期的に大音量で聴いているんだけど、毎度夫に音が大きいと怒られる。
これは私の中で、ヘッドホンで聴く曲ではないのだ。外に解放したい音。



[PR]
by unicorn_unico | 2017-12-08 08:08 | ● 音楽 | Comments(0)

最近ハマってる曲

ここ数ヶ月、ほとんどこの人(AKI AMANO)の曲とchainsmokersしか聴いていないかもしれない。



youtubeで見つけた高速道路映像で使っていたので知ったんだけど、
気持ち良くて仕方ない。
こんなに数ヶ月間聴いていても飽きないのは結構すごいかも。
まぁそのうち飽きるんだろうけど。


もちろんchainsmokersも大好き。
この曲大好き。

音楽はなによりの栄養素です。

一瞬の期間であっても「あぁなんていい曲なんだぁ!」と思える曲がある時間は
人生の中でもすごく良い期間だと思う。
ある程度聴くとすぐ飽きちゃうからね。
そしてそれを聴き込んだ時期の気持ちを後になって完璧にフラッシュバックできる。
これがすごくせつなくて楽しい。

ハマった音楽は死ぬ程聴き倒します。


[PR]
by unicorn_unico | 2017-11-03 11:11 | ● 音楽 | Comments(0)

好きなYoutube動画

好きなyoutuber動画続き。

この人のtokyo expressway driveシリーズが好き。
音楽のチョイスも好き。
ちゃーんと景色と音のタイミングも合わせてて最高。


TVで再生させてずーっと見ちゃう。
夜の首都高いいよねー。


[PR]
by unicorn_unico | 2017-05-13 15:06 | ● 音楽 | Comments(0)

最近ハマってる曲

なんだかんだでやっぱりcoldplayっていいよね。
最近この曲みつけてまたハマってる。


The chainsmokersもこの曲(↓)が夏頃ラジオで流れてたの聴いて「!」と思ってから少し好き。
コラボしてたんだ、知らなかった。


ホントに No music No life だ。



音楽はなぜこんなにも人の心に響くのか?

音って一体なにで、どんな仕組みで出来ているの?


最近物理系の本読んでから、なんでも粒子と波動エネルギーで考えちゃう。
勿論理解等到底できていないよ。
でも、物理ってこんなに面白い教科だったのか!!!と久々の大発見だった。
もっと学生時代、面白がらせて欲しかった。
興味を持たなかった自分が悪いんだけどさ。

「音 粒子とエネルギー」で検索したら「フォノン」ってあったからみてみた。


【wiki 抜粋】
フォノン(英: phonon)、音子、音響量子、音量子は、振動(主に結晶中での格子振動)を量子化した粒子(準粒子、素励起)である。
音波などの弾性波が伝搬する媒質(弾性体)は連続的なものであり、量子力学における1個の粒子を記述する波動関数でフォノンを記述することは難しい。
フォノンは非相対論な場の量子論にもとづいて記述される。フォノンは振動そのものを量子化したものであり、質量を持たない。一方で運動量は持っており p ℏ k で表される。ただしフォノンの運動量は、一様な空間にある粒子の運動量とは性質が異なる。ネーターの定理によると運動量は系の並進対称性から導出されるため、この違いは並進対称性の違いに由来する。一様な空間は連続的な並進対称性を持つが、結晶では離散的な並進対称性を持っている。この離散的な並進対称性から導かれる(広義の)運動量は、通常の運動量とは区別して結晶運動量と呼ばれる。この違いにより、たとえば運動量保存則は、フォノンの運動量だけでなく結晶の逆格子ベクトルも含まれた形となる。フォノンによる弾性的中性子散乱では、エネルギーとともに運動量も保存される。非弾性中性子散乱では中性子の入射角と散乱角、およびエネルギー変化を調べることでフォノンの波数と各周波数が求まる。


は?

この世には知らない事がまだまだたくさんあった。
もっと知りたいなぁ。


音波とか基本的なことも知らないおいら。
ここあたりから勉強しないと始まんないや。


[PR]
by unicorn_unico | 2017-05-05 11:27 | ● 音楽 | Comments(0)

音楽って素晴らしいね

最近この動画何回も見ちゃう。
知ってる人には今さら?って感じだと思うけど。
すごく元気が出る。感動もする。
アメリカのエンターテイメントは素直にすごいと思う。
演出というの?
素晴らしいよね。

コールドプレイ ビヨンセ ブルーノ・マーズ第50回 スーパーボウル ハーフタイムショー

コールドプレイ、ブルーノ・マーズ、ビヨンセ、それぞれが誰にも劣らずかっこいいのがすごい。

ブルーノ・マーズって踊りめちゃめちゃ上手なんだね。
っていうか、ブルーノ・マーズってなんかいいね。
docomoのcmの曲誰だろう、と検索したら
ブルーノ・マーズのTalking to the moonだったのがきっかけで
今さら知った。
ファッションもあの金のネックレスジャラジャラとかいいよね。

[PR]
by unicorn_unico | 2017-03-13 13:13 | ● 音楽 | Comments(0)

ストリートオブファイヤー♪

昨日Youtubeでこれ久々に聴いた。



「Streets of fire」という1984年公開の映画の曲。
80年代丸出しミュージックだけど、すっごく好き!

私は高校の英語の授業でこの作品と出会ったよ。

英語の授業という名目で映画を観る事ができるのはとても嬉しかったけれど
「一体なんなんだ…この世界観は…。主人公はアメリカ版吉田栄作だな…」
なんて途中までは思いながらぼんやり観ていたんだよね。

しか〜し、最後にこの曲が流れて一気に心が盛り上がった記憶がある。
この最後のコンサート場面を観るためだけの前置き映画という印象すらするよね。
「終わりよければ全て良し」


それ以降、この曲めちゃくちゃ好きになっちゃったんだよね。
先生ありがとう。
先生があの時授業で観せてくれなかったら一生触れない作品だったと思う。

「うわぁ!」というモノに出会った瞬間のその場の空気感とかその場面って忘れないものだね。
今思い出してもあの授業の雰囲気、先生が視聴覚室の電気を付けて授業が終わる瞬間とか未だ覚えてるもん。


ノリ的には完全なる80年代曲で、「スクールウォーズ」のヒーローと間違えられそうだけど違うからね!!!そこだけ注意して!!
空耳「ヒーロー」 「アホに殴るヒロちゃんに遠慮はない」の方じゃないからね!→リンク
[PR]
by unicorn_unico | 2017-01-16 16:08 | ● 音楽 | Comments(0)