unico☆chronicle

unicoblog.exblog.jp
ブログトップ

大野山/ロケに遭遇

山北にある大野山に行ってみた。

山北駅近くの駐車場に停めて、御殿場線に乗り「谷峨駅」から4時間程の行程。


御殿場線の乗り方が全然わからなくて、切符も買えないまま電車に乗り込み
降りてから車掌さんに現金を払う形になってしまったけど、なにが正解だったのか未だにわからない。


駅から1時間20分程で頂上へ到着
c0201112_00544945.jpg
前日の天気予報はくもり。

でも、まぁ、私が行くと言えば晴れるよ!と夫に言っていたら
本当に良く晴れた。暑かった。

c0201112_00541350.jpg
ススキが綺麗だったよ!!

右の禿げてるとこは第二東名建設中。

富士山が本当によく見える登山道。
この日は少し雲に隠れてしまっていたけれど、
冬は最高だろうな。

富士の演習場からドゴンドゴンと演習音。
遠くにケムリが見えたから、演習のケムリだったんだと思う。

c0201112_00535779.jpg
ススキに囲まれる夫。



c0201112_00550166.jpg
丹沢湖とダムが真下に見えます。
ここから眺める丹沢湖の花火大会は最高だという噂です。

c0201112_00551466.jpg
海も見えたよ。
ここ眺め最高。


しかし、下山道は全てコンクリートロード。
ただひたすら下って山北駅を目指すのみ。


途中の山中で、大規模な道路工事をしていて
大きなクレーンがものを持ち上げるのをしばらく眺めてしまった。

ほんでテクテク下っていると
???
ここは!

東名高速のツブラノトンネルじゃないかぁ!!
c0201112_00552756.jpg
ここなんだ〜。


いやー。しかし、ひとっこ一人出会わない道でした。


すると突如、前方に人だかりが見えました。

ん〜、なにかロケっぽいかな?

ん〜、誰かいるのかな?
あのシルエットは!

双子のザたっちじゃない?

と思って近づくと

オカリナ!!

隣にはゆいP。

おかずクラブじゃーん。

ゆいPが「こんにちは〜。登山ですか?」と声を掛けてくれた。

私「大野山登ってきましたー」
カメラを向けられる。
ぎょえ。

ゆいP「お話聞かせてもらってもいいですか?」

私「どうする?」 夫「…」

ゆいP「無理なら全然いいですよ。すいません足止めさせちゃって!」

こういうのってタレントさんがちゃんとやるんだね〜。
大変だね。
ゆいPはとてもテキパキ明るく話してくれてとても好印象。


某番組名が書かれてあったよ
と夫。

それってサンドイッチマンが出てる番組じゃん!

夫はサンドイッチマンが大好きなので
サンドイッチマンに遭遇していたら喜んでインタビューに答えていたそうな。
サインもらう。
とか言ってた。

夫がこんなこと言うのはサンドイッチマンだけだと思う。
おしかったね〜。

無事に山北駅まで歩いてゴール。

総距離14km。
登って下って4時間。

そんな軽やか登山でした。

あ、帰りにはじめて「かっぱ寿司」に行ってみたら
なんと店内に私たち夫婦二人だけという状況に!

かっぱ寿司大丈夫かよ。

[PR]
# by unicorn_unico | 2018-10-10 10:10 | ● 富士山/登山 | Comments(0)

メルカリはじめてみた


このたび、うちに眠る大量のおもちゃ類の処分祭りを開催しようと思い立ちました。

こないだの断捨離の際はCDや本を
ほとんどをブックオフ、ホビーオフへ持ち込んでいました。他は捨てまくり。

でも、大切にしてきたものが二束三文で買いたたかれるのを見るのは悲しい。
その大切なものを「欲しい」という友達でもいればあげた方がずっといいよね。

そうだよね。考えてみたら、
売る本とかCD、ゲームを一回ブログで公開して、みてる友達に声掛けするとかっていいかもね。
やれば良かった〜。



なので、面倒そうだけどメルカリやってみっかー!と思い立ちました。

これも多分加藤諦三先生の本を読んだおかげだと思う。
もう面倒くさいとか言ってる場合じゃない。
やってみたいことを怖がらずやっていくこと。と自分に言い聞かせています。



そんで、はじめてみたんですが…、


楽しくてしゃーない。


写真撮って画像編集して、説明文を色んなサイトを参照にして説明を考える、
交渉があったり、やりとりしたり、本当に面倒なんですが、

楽しい。


まぁ、まだはじめて1週間くらいだし、今のところいい人としかやりとりしていないからかも知れません。

でも、なにが楽しいって、
今までコツコツ集めてきたものをダンボールの中からひっぱりだし、
懐かしいもの達と一つ一つ丁寧に相対し、説明文を載せる際に
それらについての知識と価値を再認識していくことがなにより楽しいのです。


ええ!これそんなに価値あったの???  とか
ええ!これそんなに前に買ってたんだっけ? とかね。


出品はほぼおもちゃです。

(たまにZOZOで買って「絶対着ないわ」とクローゼットに眠っていたものとかも。)


夫は所有欲が完全になくなったようで、

全部捨ててもいいよ。
誰かにあげていいよ。

とまで言っていました。


でも、メルカリを始めて「これこんな値段で売れたよ!」と報告すると

「もっと高くしなよ」

とか言うんですけどね…。 ∑(; ̄□ ̄A


余計なものはいらない。
ものがあると雑念が増える。


そうつぶやく夫…。

まあ言えてるよね。

だから今の部屋ではものは極力置かないようにしています。
小物飾るのも禁止されています。

玄関に妖精だけは置かせてもらっている。
c0201112_15120693.jpg











本当は所有していたものを手放す時は「売る」のはダメで、
「人に譲る」「寄付する」「いさぎよく捨てる」がいいんだって。

その方が後々自分に巡ってくるものがあるんだって。

あるだろうね。それ。

でも、あげるなら大切に使ってくれる人にあげたいよね。

今回出品しているものも全部公開して
今このブログを読んでくれている私の友達に
「これ欲しい」と言うものがあればあげても全然いいんだけど

出品物見られるのってもしかして恥ずかしいかも?

と、思いとどまっています(;^_^A

まぁ、ほぼミニカーだから誰もいらないと思うけどね。

でもメルカリのプロフィール画像で私だとわかることもあると思うので
もし見つけて、欲しいものあれば言ってみて〜。(友達のみ)


出品しているものがほとんど相当古いものなので
ヤフオクとメルカリの値段相場を見て、私が勝手に値段をつけているんだけど
ほぼ定価に上乗せでいけている。

ミニカーってすごい。
私からすると 「ゴミやん」 みたいなものまで値段がつく…。

私、今回の断捨離で、細々したおもちゃはどかどか捨ててたよ。
ああ、売れたものもいっぱいあっただろうなと思う。


それにしてもメルカリはすごい。
ガレージセールを部屋のパソコンとスマホで出来るってことなんだね。

これはいいね。

発送とか簡単すぎて素晴らしい。
うちはファミマが近くにあるのもラッキーかも。


メルカリが上場した時、私の中でメルカリの印象がいいものではなかったので
IPOで初値はそんなに上がらないだろうと見くびって、全然抽選参加しなかった。
が、1この当選で20万円の利益だったみたい。
当時からメルカリやっていて、便利さに気づいていたら抽選まじめに参加してたのにな。


それにしても、なんのためにこんなにもおもちゃを集めて来たんだろうって思うけど
私の場合ほとんどが「いつか子供と遊ぶため」「いつか生まれる子供が喜ぶかな?」だったんだよね。
だからこのタイミングで手放すのはちょうどいい。

あ、今日結婚17周年だ〜。

[PR]
# by unicorn_unico | 2018-10-08 13:49 | ● おもちゃ・ミニチュア | Comments(0)

6年前の手術と胎嚢のエコー

今日台風来るみたいですね。

そういえばちょうど6年前の10月1日、
私の境界悪性手術の日は台風だったなぁ。
と思い出した。

今日と同じ9月30日の私の日記には
この日は台風が来るから看護師さんは早く帰りたいというので早めの剃毛。」
と書かれていた…。

やっぱりこの時期は台風シーズンなんだね〜。

6年経ったんだ〜。


昨日、友達から勧められた
「This is us 36歳、これから」
というプライムで見られるドラマを見ていた。

あ、ネタバレ入ります。

第一話で主人公の親が3つ子のうちの一人を死産で亡くした時に
担当医師が「私も最初の妊娠で子供を亡くしている」
というセリフを聞いた瞬間に涙が出てしまった。


なんでや?


あ、私も最初の妊娠は流産だった。
(最初もなにも1回だけだけど)



あの子の事忘れてたな〜。
ちゃんと思い出してあげなきゃ。
私の癌見つけてくれたんだから。
あの子が来て、去る、というあれがなければ
今のこの状態の私はいないんだ。
感謝を忘れちゃいけないんだ。

と思った。

忘れることはないけれど
思い出すことは少なくはなっていた。
家族にはなれなかったけれど
家族になりかけてくれた唯一の私たちの卵。


忘れちゃだめだね。



胎嚢エコーの写真はブログにアップしたくなかったので
してこなかった。
でも流産の初期胎嚢の参考にはなるかもしれないね。

6年経って、しっかり思い出すためにアップしてみる。

この写真は流産決定診察後の
待合室の椅子でガラケーでささっと撮った。
もう見れなくなると思ったから。
急いでいたからブレブレだ。

最初に見たエコー
6週目くらいかな。
12.5mm
c0201112_10483341.jpg
胎嚢つぶれてるねと、流産決定した時のエコー。
8mm
c0201112_11132021.jpg
やばー。
なんか悲しい写真だな。


でも、悲しくないよ。
大事な思い出だよ。
感謝だよ。


あ、術後6年目。
放置中の定期検診行かないとな〜。


[PR]
# by unicorn_unico | 2018-09-30 11:11 | ● 短い夢の記録 | Comments(3)

ナンバーを変更しようぞ!

加藤諦三さんの本にたくさんの気付きを得たので
もっと読んで見る事にしてみた。

『「せつなさ」の心理』

の次は

『逆境をはね返す心理学』

これも面白かったーー。
(他にも著書たくさん。もっと読むぞ。加藤諦三先生HP


メモ

「低い自己評価がストレスの基本的な源泉である。」

「自分がこの状況を生み出した張本人と認める」


「「私は不幸」と口に出すのは「私は悪くない」ということである。」
「惨めさの誇示は憎しみの間接的な表現である」
「「苦しい」と訴えても解決しない。自分が這い上がろうとする意志がないから。神経症者は努力しないで幸せになる方法を求めてしまう。その結果、墓穴を掘る。」


「逆境に強い人の3つの共通点「受け身ではない」「憎しみがない」「解決の意志がある」
そして本人が意味があると感じているものと深いかかわりをしっかり持っている(家族とか仕事とか)」


「子供の頃はたくさん楽しい経験を。小さい頃から楽しい体験をしている人の方がストレスに強い」

「楽しい幼少期を過ごした人は単に「生きている」というだけでは、人生になんの価値もない。人のために生きなければ、その人生は価値がない。社会に貢献しなければ価値がない。 それに対して楽しい幼少期がない人は「生きているだけで」素晴らしい。地獄からはいあがって生きている自分を信じること。目の前の状況に対処できなくても、自分を信じること」

「ハーバード大学のベンソンほかが編集した「 The Wellness book」という本にストレスに耐え易い人の特徴として4つのCをあげている。
Control Challenge Commitment  Closeness



あ〜面白い。


逆境に強くない私へのグサグサグサグサ殺されかけるくらいの刺さり具合の言葉達でした。

そして改めて思う。
しなきゃいけないことはわかっていたのに
私は本当になにも実行できていない努力していない野郎だったと。


過去の日記でもこんなこと書いてるじゃん。
私の大好きなターシャの座右の銘について

【ターシャの座右の銘】

「人は自分が置かれている立場を、すぐ状況のせいにするけれど、この世で成功するのは、立ち上がって自分の望む状況を探しに行く人、見つからなかったら創り出す人である」

この「すぐ状況のせいにする」とか「立ち上がって」が一番大事なとこだった。


10年以上前に初めてスピリチュアルな人のところへ行った時に言われた言葉もこれだった。

「自分の弱さともきちんと向き合ってしっかり見つめて認めること。
 そして
自分の人生を自分の手でしっかり舵を取ってコントロールする事が人生の重要なテーマ。

この「弱さと向き合い」「自分の手で舵を取ること」本当に重要なポイントだった。

ずっと「どうにかなんべ」と思いながら、小さな悩みに過剰反応しながら、なんにも解決できずに生き続けていた。


嫌なら変えるしかない。
立ち上がるしかない。


そうだよ。

まずは小さな事からコツコツと!!


ということで、3年前に購入した車のナンバーがずっと嫌だった。
ナンバーなんてなんでもいいと、指定しなかったのが運のつき、私の中でのかなりのやばいナンバーがやってきた。
自分の大好きな車なのに、ナンバーを見る度にゲンナリしていた。

でもまぁ、いいか〜。
変更面倒だし〜。数字の(迷信的)呪縛を感じてても仕方ないし〜。
これが与えられたナンバーなら受け入れるしかないし〜。

なんてそのままでした。

流れるまま〜努力しないまま〜。
そのままでいいのか?


嫌なら変えるしかない。
立ち上がるしかない。

自分の人生をコントロールできるのは自分しかいない。


ナンバーを変える!!!

さっき早速申し込みをして、速攻振込も済ませた。
(抽選対象ナンバーではなかったみたい)


ナンバー指定しなかった自分を責めて後悔する。
手数料とかETC変更とか色々入れると全部で1万円掛かるし、
警察署行ったり陸運局行ったり保険に連絡したり面倒だよ。

でもそうじゃないんだよ。


ナンバー指定しなかった自分の責任を認める。
でもさ、こんなことがたった1万円で済むんだよ。
警察とか陸運行くとかめったにない経験できるんだよ。
面白そうじゃん。

こうなんだよ。

出来事は自分の捉え方次第だって、本当によく聞く言葉だけど
これマジだね。

そんなポジティブに生きられるかよって思ってたけど
そんなふうにツッコミ入れてたらいつまでも
自分は悶々とイライラしながら生きる選択をしているだけのこと。


私みたいなネガティブ思考人間がポジティブに生きるには、かなりの努力と訓練と覚悟が必要だった。


(捉え方次第ってことは、じゃあ、最初にもらったナンバーを素敵ナンバーだと思えばいいんだろうけど、
無理矢理かわいい語呂つけていい風に考えていたけれど、
周りの人がこのナンバーを見て嫌な思いをする人もいることがやっぱり嫌だなぁって105.png

[PR]
# by unicorn_unico | 2018-09-22 22:22 | ● 本/TV/映画/ドラマ | Comments(0)

主体性のなさ

今日図書館へ行った。

図書館で目的の本がない時は、よく心の中で

「どうか今の私が読んでおくといい本に引き寄せてください」

と心の中で誰かに頼みます。

適当な本棚をウロツき「ん?」と思う本を手に取り、
目次と中身をチラ見して「ぉお!」と思えればラッキー。

今日はそんな感じで
『「せつなさ」の心理』加藤諦三
という本に導かれた。

なぜ「せつなさ」に反応したのかは自分でもわからないのだけれど
中身は私の求めている内容だった。


まだ全部読んでいないのだけれど、本の中で
「自主性、主体性」という言葉にびびっと来た。


あ、私は主体性がないんだ。


つい最近、夫にも言われていた。

いちいち俺に聞き過ぎ。
どうでもいいことまで聞き過ぎ。
特にここ最近ひどい!!

へ?

聞いてるつもりなかったけど、言われてみれば確かにいつも夫に「お伺い」をたてていた。

ここ最近鬱ぽかったので確かに脳みそぱっかん気味だったし、仕方ないっちゅーことで許してちょ。
と、言いたいところだけれども、
いや待てよ、最近だけではないような気がして来た。


振り返ると、私の人生すべて「主体性」に欠けていた気がするぞ。


自分で考えて来なかった。

そりゃある程度は考えていたよ。
だけど、しっかりとした芯のある主体性は欠けていた。

だからこんなに悩むし、不安症なのだ。

「自己確立」という言葉をよく目標にしていた時期があったけど
それも同じで、でも言い方は「主体性を持つように生きる」
と言った方が自分自身にもわかりやすかっただろうな。

ボキャブラリーのなさと、読書量、人との会話量が足りなかったかもね。

でも今「主体性のなさ」に気づけて良かったね。

主体性を持つということは「責任を持つ」ということなんだって。

全て自分に起こることに「自分で責任を引き受けること」なんだって。

その覚悟があるかどうか。

自分で考え、自分で責任を取れるかどうか。

当たり前のことのようで、全然出来ていなかった。

特に最近は「考える事」を放棄すらしていた。

考えるエネルギーが枯渇状態だった。


もっと考えよう。
自分を愛していこう。
言い訳しないで生きてみろ。


今日図書館に行った自分偉いぜ。

図書館でふと見た時計は11:11だった。

友達とメールやりとりしてふとみた時間は14:44だった。
送ったメールの時間は15:33だった。

おっけ。


『「せつなさ」の心理』加藤諦三 大和書房
 
から個人的な抜粋メモ


「すぐ自己反省する人は、いつも犠牲者の役割を演じる。すぐ自己反省する人も、攻撃性を自分に向けている人であろう。すぐ自己反省するが、実際の行動を伴わない事が多い。」

「自分の心の葛藤を解決するために相手を非難する人は、非現実的な理想像と比較して相手を責め苛む。それは責めている本人が、現実の自分と理想的自画像の自分との乖離に苦しんでいるからなのである。その責めている本人の深刻な劣等感なのである。神経症的な栄光追求の挫折から相手を非難しているに過ぎない。相手を責め苛んでいる本人が自分を受け入れる事ができない限り、相手を受け入れる事はできない。責めている本人が、現実の自分を理想の自画像と比較して現実の自分を蔑視している限り、相手を蔑視する姿勢は改まらない。」

「なにかどこかに、いまの人間には甘えがある。『だまされたって誰も同情等してくれないし、誰も助けてくれはしない』そう一人一人が、はっきりと自分に言い聞かせる事が大切なのである。」

「フロムは「しかし(愛)という仮面をかぶった好意的支配もまた、しばしばサディズムのあらわれである。好意的なサディストは自分の所有物が富み、強力になり、成功することを欲するけれども、彼が全力をあげて阻止しようとするひとつのことがある。それは彼の所有物が自由と独立とを獲得し、彼のものではなくなってしまうことである」

「僕はときどき、読者から尊敬されて不愉快な思いをする時がある。それは、私を尊敬しているところの自分を尊敬しているにすぎない姿を見るからである。あるいは、尊敬が「私はあなたをこれだけ尊敬しました。あなたは、私になにをしてくれますか?」という要求なのである。(略)ある人間を教祖的にあがめる人間など、情緒的未成熟者以外にいるはずがない。自分たちだけでやらせれば何もできないくせに、指導者を非難することだけは一人前の若者がなんと増えてしまったことか」


「日本人はさびしさを避けようとして、人間的わずらわしさのほうを選ぶ。それは日本人一人一人が独立していない証拠であろう。結果として、さびしさもせつなさも避ける事はできない。人間が真に独立できたかどうかということは、何を基準にすればわかるのだろうか。それは、その人間が自分が一人で味わった精神的懊悩を誰かにわかってもらえなくても生きていかれるようになった時である。(略)人間は自己変革、自分が独立していく過程で、他人に「わかってください。誰がわからなくてもいい。でも、あなただけは私の本当の気持ちをわかってもらいたいのです」と叫び声をあげる時があるに違いない。しかし、本当に独立するということは、この叫びさえ聞き取れなくても、なおかつ生きて行けるということである。この恐ろしいほどのさびしさ、せつなさに耐える事が独立するということなのである。最愛のひとにさえ、本当の気持ちを理解してもらえずに生きる苦しさを味わうことなしには、人間は独立することができない。人間はこの苦しさ、さびしさ、せつなさに耐えられないからこそ、自分のまわりの人々が理解できる範囲の中で動こうとする。その結果、欲求不満になっている。」



メモ。
それにしても、主体性を持って生きるということは、とても強くなければ出来ないことだと思う。
今の私ははっきりいってそれが出来る程強くはない。多分耐えられない。

私の中で具体的に想像して書いていることが一つ二つあるけれど、ちょっと言えない。
私があの人と同じ立場だったとしたら、そんな選択が出来ただろうかということ。
自分に正直になるということは、人を傷つける可能性がある。かなりある。
わがままになるということであり、誰に理解されずとも非難されても、自分に正直なのだからこれが正解なのだと胸を張って言うことである。
「わがまま」「我がまま」その通り。私のまま。
一般的には非難されるようなことだけど、果たして他人はその人を非難する立場にあるのだろうか?
その人が「責任をしっかり負っている」のであれば誰も非難する立場にはなれない。
だけど、「その責任」を本人は背負っているだけで、往々にして傷つけた相手への心の補償は到底できるものではないような気もする。だから非難されるのか…。
その非難を感じながら生きて行く…。本当に強い人だと思う。
私は一生かけてもそのレベルまで到達できないと思う。


[PR]
# by unicorn_unico | 2018-09-20 22:22 | ● 日記 | Comments(0)

散歩してたら仏様

散歩していると、
とある神社のはずれにポツネンと仏様がいた。

c0201112_22234561.jpg
私の大好きな円空仏さんに似てるな〜。


後ろ姿なんか特に素敵やん。
年輪の加減だけど…。
c0201112_22235913.jpg
いや、でもこの台座の鉈の入れ方、素敵。
いけてる。
c0201112_22242476.jpg
明らかに誰かが真似て作ったものだと思うけど、
どういう経緯で、誰が作ったものか知りたい。

この神社の管轄神社にメールして質問してみたけれど
音沙汰無し。


ああ、また岐阜行きたい。
円空さんに会いたい。

前回はもう10年近く前になるんだ〜。


円空仏は優しさとともに、
なんと表現したらいいかわからないんだけど
私はエロスを感じるんだよね。

なんでだろね。

棟方志功とかもそう。

縄文土器の火焔型土器もそう。

熱を感じるんだよね。

心臓と子宮にぐっとくるあの感じ。
生命の根源を感じるからかなあ。
127.png

[PR]
# by unicorn_unico | 2018-09-11 22:22 | ● リスペクト | Comments(0)